西田コンピューティングサービス

相補鎖変換ツール

元の配列 : 相補鎖に変換したい核酸の塩基配列を入力してください。

アデニン (A) の相補塩基は何を出力しますか?

  • 核酸 (DNA, RNA) の塩基を表す文字「GCATU」を入力してください。あいまいな塩基を表す文字「SWRYMKVBDHN」も入力できます。
  • 大文字と小文字のどちらでも入力できます。大文字は大文字に、小文字は小文字に変換されます。
  • 任意の位置にハイフンマイナス「-」やピリオド「.」や空白や改行を入力できます。相補鎖の配列でも同じ位置にそれらが入ります。
  • その他の余計な文字を入力するとエラーになります。
  • もっと詳しい使い方の説明はこの下に書いてあります。

詳しい使い方

操作の流れ

  1. 相補鎖に変換したい核酸の塩基配列を「元の配列」欄に入力してください。
  2. 元の配列の塩基がアデニン(A)だったとき、相補塩基としてチミン(T)とウラシル(U)のどちらを出力させたいかを選択してください。
  3. 「相補鎖に変換する。」ボタンを押してください。

「相補鎖に変換する。」ボタンが押されると、結果の画面が表示されます。

入力できる文字

表1に記載した文字が入力できます。こういうところで全角文字を使う人はあまりいないと思いますが一応全角文字も使えます。表1に記載していない文字は使えません。「5'」とか「3′」とか「>」とかその他余計なものを入れるとエラーになります。

表1. このツールで入力できる文字とその意味
文字意味
G, , g, G (グアニン; guanine)
C, , c, C (シトシン; cytosine)
A, , a, A (アデニン; adenine)
T, , t, T (チミン; thymine)
U, , u, U (ウラシル; uracil)
S, , s, G または C
W, , w, A または T / U
R, , r, G または A
Y, , y, C または T / U
M, , m, C または A
K, , k, G または T / U
V, , v, G または C または A
B, , b, G または C または T / U
D, , d, G または A または T / U
H, , h, C または A または T / U
N, , n, G または C または A または T / U
〔空白〕, 〔改行〕,
-, , .,
塩基配列としては意味はありません。見やすくするため等の理由で任意の場所に入れることができます。

結果の画面の見方

相補鎖に変換された配列が「相補鎖の配列」欄に表示されます。その下の「元の配列」欄には元の配列が表示されます。

「元の配列」に大文字で入力された場所は大文字で、小文字で入力された場所は小文字で出力されます。また、「元の配列」に全角文字で入力された場所は相補塩基も全角文字になります。〔空白〕, 〔改行〕, -, , ., は同じ場所にそのまま出力されます。

結果をどこかにコピーしたいときは「相補鎖の配列」欄の全体を選択してコピー&ペーストしてください。Windowsをご利用の場合は「相補鎖の配列」欄の中のどこかにカーソルを合わせてからCtrl+Aを押せば配列全体を選択することができます。この欄は読み取り専用になっており手動で書き換えることはできませんので、コピーするときに手が滑ってキーを押してしまっても書き換わってしまう心配はありません。

続けて別の配列を変換したいときは、「元の配列」欄を書き換えて別の配列を入力してから「相補鎖に変換する。」ボタンを押せば変換できます。いちいち最初の画面に戻る必要はありません。

「前回の配列に戻す。」ボタンを押せば書き換える前の「元の配列」が復元されます。いったん「元の配列」欄を書き換えてしまった後で、今表示されている「相補鎖の配列」欄が何の相補鎖なのかわからなくなったときなどに有用です。

チミン (thymine) とウラシル (uracil) について

「元の配列」がアデニン(A)だった場所は、「元の配列」欄の下で選択されたとおりにチミン(T)またはウラシル(U)のどちらか一方が出力されます。

「元の配列」がチミン(T)またはウラシル(U)だった場所は、上記の選択にかかわらずいずれもアデニン(A)が出力されます。「元の配列」でチミン(T)とウラシル(U)が混在していてもエラーになったりせず黙ってアデニン(A)を出力します。

エラーメッセージ

表1に記載していない文字が入力されて「相補鎖に変換する。」ボタンが押されたときは、エラーメッセージが表示されます。エラーの原因となった文字の一覧が紫枠内に表示されるので、それを参考にしてやり直してください。

紫枠内に文字が何も無さそうに見えるときは、見えない文字が混入しています。どこかからコピー&ペーストしてくるとそのようなことが起きやすくなります。その場合はコピー&ペーストしないで1文字ずつ手動で入力してください。

プライバシーポリシー

2021年3月27日改定

  • 当ウェブサイトは日本国の法を遵守します。
  • お客様が入力し送信された核酸の塩基配列および変換結果は当ウェブサイトでは一切保存しません。相補鎖に変換し結果を返した後、直ちに情報を破棄します。
  • お客様が当ウェブサイトを訪問された場合、日時、お客様のIPアドレスおよび当該HTTPリクエストヘッダに含まれる情報をログとして記録します。お客様が入力し送信された核酸の塩基配列および変換結果がこのログに含まれることはありません。
  • 今後の機能・性能改善のため、以下の情報をログとして記録します。
    • 入力された総文字数
    • Aの相補塩基としてTとUのどちらが選択されたかの情報
    • エラーが発生した場合は、エラーメッセージの内容
  • 当ウェブサイトでは Google AdSense 広告表示のために JavaScript を実行します。そのため技術的にはお客様が入力された情報および画面に表示された情報が Google AdSense によって読み取られ取得される可能性があり得ます。このことをご承知の上でご利用ください。
  • 当ウェブサイトでは Google AdSense 広告表示のために Cookie を使用します。
    • Google AdSense およびそれを利用する第三者配信事業者が Cookie を使用することにより、お客様がそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、適切な広告をお客様に表示します。
    • お客様は Google 広告設定 で Google AdSense のパーソナライズド広告を無効にすることができます。
    • 配信事業者や広告ネットワークが機能を提供している場合、お客様はそれらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にすることができます。
    • お客様は http://www.aboutads.info/choices/ にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にすることができます。
    • Google 広告について詳しくは Google のポリシーと規約 をご覧ください。

ceo@nishida-science.net